八代亜紀は脳梗塞やメニエール病の持病⁉死因の膠原病も調査!

八代亜紀は脳梗塞やメニエール病の持病⁉死因の膠原病も調査!

本ページにはプロモーションを含んでいます

女性演歌歌手の大御所・八代亜紀さんが2023年12月30日にお亡くなりになっていたことが明らかになりました。

八代亜紀さんの死因は報道では膠原病とのことでしたが、過去に脳梗塞やメニエール病だったという情報もあります。

情報に信ぴょう性はあるのでしょうか。

この記事では、

  • 八代亜紀は脳梗塞やメニエール病の持病があった?
  • 八代亜紀さんの直接の死因は膠原病?

などについて調査しました!

目次

八代亜紀は脳梗塞やメニエール病の持病⁉

ピンクのドレスを着用して笑顔の八代亜紀さん
出典:日刊スポーツ

八代亜紀さんは過去に脳梗塞やメニエール病などの持病があったのでしょうか。

脳梗塞

八代亜紀さんは、2012年頃から「脳梗塞を患っているのでは…?」という声がネット上で多く囁かれた時期がありました。

Xから世間の声をピックアップしました。

このように2012年頃に集中して八代亜紀さんの脳梗塞を心配する声がでています。(2023年7月と最近にもありますね)

これは、テレビ番組などで八代亜紀さんの

  • 呂律が回っていない
  • 印象が違う
  • 言語障害のよう
  • 喋り方が違う
  • 活舌が悪い
  • 手元が震えている

といった症状からです。

そして、その後の2014年、テレビ番組「駆け込みドクター・運命を変える健康診断」のスペシャルで、八代亜紀さんは『隠れ脳梗塞』であるとの診断を受けていました。

番組内の人間ドックで、八代亜紀さんが撮ったMRI画像に白い影が映っていたためです。

テレビ番組で八代さんを見た視聴者さんが、脳梗塞を疑ったのもあながち間違ってはいなかったということでしょう。。

メニエール病

さらに、脳梗塞疑惑より以前の1991年頃、八代亜紀さんは「メニエール病」と診断されていたことがあります。

1991年(平成3年)1週間にわたる九州ツアーが終わって帰った翌日、突然八代さんの父親が亡くなります。

辛くて泣いて過ごす日々でしたが、1ヵ月の長期公演が迫っていました。

ショックを抱えつつもなんとか1カ月の公演を乗り越え千秋楽を迎えた次の日のこと。

朝、目覚めて起き上がろうとすると、天井がグルグルと回っていたのです。まるでひどい船酔いのようでした。あまりの気持ち悪さにこらえきれず、吐いてしまいました。

そこで、病院へ連れて行ってもらい「メニエール病」と診断された八代さん。

メニエール病の原因は、悲しい気持ちを我慢し、ストレスを抱え込み続けたことによるものだったといいます。

3日間入院するも、1日で回復し、「メニエール病」は幸い一過性のものだとお医者さんから言われたそうです。

以上のことから、八代亜紀さんは、

  • 1991年:メニエール病発症
  • 2012年頃:視聴者から脳梗塞では?と心配の声
  • 2014年:テレビ番組で「脳梗塞の疑い」を指摘
  • 2023年8月下旬:「膠原病」と診断

されていたことがわかりました。

2023年8月に「膠原病」と診断されたことについて詳しく説明していきます。

八代亜紀の死因の膠原病も調査!

手を広げて歌唱中の八代亜紀さん
出典:スポーツニッポン

八代亜紀さんの死因について調査しました。

八代亜紀さんの死因は、膠原病に関わる急速進行性間質性肺炎です。

演歌歌手八代亜紀さんが昨年12月30日に急速進行性間質性肺炎のため死去していたことが9日、分かった。

引用:日刊スポーツ

八代亜紀さんは、2023年8月下旬に体調不良が続き、病院で診察してもらったところ「膠原病」であることがわかります。

そのため、2023年9月12日に年内の活動休止を発表していました。

その際、八代亜紀さんは、

少しの間、大好きな歌と絵から離れなきゃいけないのは寂しいけれど、必ず元気になって戻ってきますので待っててね。また皆様とお会いできる日を楽しみに頑張ります!

とコメントを出していました。

そして、2023年12月30日に八代亜紀さんはお亡くなりになります。

公式発表全文

【ファンの皆様ならびに関係者の皆様へ】

 平素よりご厚情をいただき心より感謝申し上げます

 2023年9月に膠原病の一種であり指定難病である抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎と

 急速進行性間質性肺炎を発症し療養を続けておりました弊社所属の八代亜紀が

 12月30日に永眠いたしましたことを謹んでご報告申し上げます

 葬儀は八代自身の強い遺志により社スタッフのみで2024年1月8日に執り行い

 とても穏やかな顔で旅立ちました

 一日も早い復帰を目指し治療とリハビリに励んでおりましたが

 容態の急変により皆様へこのようなご報告をしなければならなくなりましたことは

 無念でなりません

 代弁者として歌を歌い表現者として絵を描くことを愛し続けた人生の中で

 常に大切にしていた言葉は「ありがとう」でした

 「一人では何も出来ない、支えてくれる周りの皆様に感謝を」という

 父と母からの教えを八代自身は体現し続けて参りました

 療養期間中も傍で支えるスタッフや医療従事者の皆様に「みんなありがとう」と感謝を伝え

 最期まで八代亜紀らしい人柄が滲み出ておりました

 これから先いつまでも八代亜紀が命を吹き込んだ作品の数々が沢山の人達に愛され

 皆様の心の中に生き続けることを八代自身も望んでいると思います

 後日にお別れの会を執り行いたいと思っております

 詳細については改めてご案内申し上げます

 今まで応援してくださったファンの皆様関係者の皆様に心より深く感謝御礼申し上げます

 本当にありがとうございました

 2024年1月9日

 株式会社ミリオン企画

引用:日刊スポーツ

最後まで周りの人への感謝とそれを伝え続ける優しさをもった八代亜紀さん。

そのお人柄が偲ばれます。。。

まとめ

この記事では、八代亜紀さんは脳梗塞やメニエール病の持病があったのか、死因の膠原病などについてを調査してきました。

  • 八代亜紀さんの死因は、膠原病に関わる急速進行性間質性肺炎
  • 八代亜紀さんは2014年『隠れ脳梗塞』であるとの診断を受けてた
  • 八代亜紀さんは1991年『メニエール病』を発症していた

2023年内の活動休止後には元気に復帰されて、また八代さんの美しい演歌を聴けるだろうと思っていただけに残念でなりません。

八代亜紀さんのご冥福をお祈りいたします。

八代亜紀さんは亡くなる約2年前に離婚されています。そして「離婚理由は夫の不倫」だと言われています。詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次