家の燃費を科学する 棟晶株式会社

PRESENT-FOR-FUTURE新社屋のご紹介

社屋外観

きっかけは「リノベーションが社会に貢献できる
ことを証明したい。」という想い。

CO2削減を掲げ1997年に採択された「京都議定書」。その目標を達成する一つの手段として、日本各地に無数に存在する古い中規模オフィスビルをゼロ・エネルギー・ビルディング(ZEB)にリノベーションできないか、というアイディアの実証実験を兼ねて誕生したのが、この新社屋です。

NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)からの支援を得て、北海道大学工学部と共同開発した、地中熱ヒートポンプシステムを採用。社屋壁面のソーラーパネルと合わせ、1次エネルギーで71%削減、創エネルギーを31%作る事ができ、合わせて102%のエネルギーの数字を出す事ができた。誰もが導入できるリーズナブルなイニシャルコストと、長寿命で圧倒的な低ランニングコストを実現しているのです。

また年間を通じ約17℃という安定した温度の地熱を活用することで、冷暖房時のエネルギーの消費を抑え、高性能換気装置と合わせることにより、内部で過ごす人の身体への負担の少ない「空気質」を生み出し、快適で健康的に過ごせるオフィスとなっています。
外・内装には北海道産の木材を使い、地産地消に貢献するとともに、西方設計の手掛けた緑化プランも合わせ、社員がリラックスして業務に集中できる環境にもなっています。 この試みが、日本のそして地球環境にとってプラスになることを望んで止みません。

棟晶新社屋ZEB化効果試算結果
クリックで大きく表示

来場予約フォームはこちら

ショールーム

緑化計画に基づき緑がいっぱい。全面ガラスで明るい空間が広がっています。

セミナールーム

明るく開放的なセミナールーム。10〜20名程度の住宅セミナーが開催可能です。

棟晶オフィス

社員の働くスペースにもグリーンをふんだんに配置。リラックスして業務に集中できるオフィス空間です。

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP