家の燃費を科学する 棟晶株式会社

CUSTOMERお客様の声

注文住宅・新築

自分たちのわがままを、自分たち家族のためだけに

「家を建てよう」と思ったきっかけはいろいろありますが、それまで住んでいた賃貸マンションがオール電化なのに冬寒かったこと、それに日本各地で起きる災害などを通して「電気だけに頼った生活」に不安があったというのが大きいですね。
それに賃貸だと自分たちの好きな様に手を加えたりできないので、それならいっそ自分たちのわがままを思い切りかなえられる一戸建てにしよう!と思いました(笑)。

私も妻も、家づくりにはいろいろなこだわりがありました。だから、たくさんの展示場やモデルルームも見て回りましたし、土地も自分たちで歩き回って探しました。

そんな中で感じたのは、自分たちの生活スタイルや今持っている家具や食器に合わせた家づくりをしたいということ。建売住宅も悪くはないのですが、決められた物にハメ込まれるような生活しかイメージできなくて…小さくてもいいから自分たち家族のためだけに作られた家を目指しました。

インテリアコーディネーターと一緒に理想の形を現実に。

そんな私たちのわがままに応えてくれたのが棟晶さん。
営業の方だけでなくインテリアコーディネーターさんが付きっきりで打合せを重ねてくれて、出来る限り私たちの要望をかなえてくれました。
特にキッチンと2階のレイアウトは、コーディネーターさんがいてくれたからこそ理想の形を実現できたと思います。

 

キッチンは“家族みんなで料理が出来ること”、“食器や調理器具が使いやすく見やすく置けること”の2点にこだわりました。それを実現したのが食器棚や釣り棚に扉を設けないオープン収納。
食器棚や本棚は、妻が自分でデザインをスケッチして、手元にある食器や書籍のサイズに合わせ、棟晶さんにオリジナルで制作していただきました。
棚などの木材も、マンション時代から使っているダイニングテーブルの色に合わせた素材を提案してくれたり、価格的に難しい部分も極力近い色を調合して塗装してもらったり…全体の雰囲気が統一されるように心がけました。

 

2階は実質3部屋分のスペースがありますが、壁や扉を設けず広さを感じられる作りになっています。
壁には作り付けの本棚、天井には折り畳める物干しを取り付け、スッキリ広々としたところがお気に入り。子供もノビノビ遊べて、学校のお友達からも「広いねっ!」と好評のようです(笑)。

 

課題だった冬の暖かさや光熱費にも満足していますし、あえてオール電化にせずキッチンにガスコンロを設けたことも正解だったと思います。昨年の胆振東部地震のときも作り付けの食器棚や本棚も問題無く、食器や本が倒れることもありませんでした。

一生に一度の家づくりを安心して任せられる会社に。

今思うと、家づくりは本当に楽しかったです。
自分たちでいろいろ調べたり、棟晶さんと何度も話し合ったり…出来ることならこの経験を活かしてもう一回家を建てたいくらい楽しかったですね(笑)。
ほとんどの人にとって家づくりは一生に一度。これから家を建てたいという人にはぜひしっかりとした業者選びをお勧めします。
オプション設備をゴリ押しして来たり、デザインのことを質問しても「今は流行ってるんですよ」としか答えられない会社さんもありました。
その点、棟晶さんは安心して相談できる会社だと思います。

これからの目標はこの家をもっと自分たちに合った物にしていくこと。
棟晶さんにはこれからもわがままを聞いてもらいたいと思っていますよ(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP