家の燃費を科学する 棟晶株式会社

CASE施工事例

中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーションするということは、どうゆうこと?リフォームと何が違うの? リフォームとリノベーションの違いですが、リフォームは間取りなどを大幅に変えることなく、壁紙を新しくしたり、外壁などを貼り変えたり、キッチンや設備機器を新しくするなどし、老朽化が進んだ状態を修繕する・メンテナンスするということを意味します。 リノベーションは内装や外装を一新することはもちろん、大規模な工事で耐震や断熱性能を高めたり、大幅な間取り変更をなどをして、住宅そのものの性能を向上させたり、現在のライフスタイルにあった住まいに変えることを意味します。 新築時以上に価値ある住まいになるのがリノベーションです。

最近では新築を建てるか、中古住宅を買ってリノベーションするか迷っているという方が増えています。 古い家に住むのに抵抗がある、買って後悔しないか不安、など感じている方も多いでしょう。

中古住宅リノベーションの費用

中古住宅を買ってリノベーションする場合、一番気になるのがリノベーション費用について。よく「中古住宅のリノベーション費用はいくらかかりますか?」というお問い合わせをいただきます。リノベーションは、どこまで改修するかによって費用が異なります。また、同じリノベーション内容でも中古住宅の状態によっても異なります。まずはどんな暮らしをしたいか、どんな間取りにしたいかなど、希望を明確にしましょう。

来社・来場予約 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP