キャンドルジュンはなぜ会見か理由4選!内容や発言を徹底検証!

キャンドルジュンはなぜ会見か理由4選!内容や発言を徹底検証!

本ページにはプロモーションを含んでいます

2023年6月18日、不倫問題で揺れる広末涼子さんの夫・キャンドルジュンさんが、緊急会見を開きました。

会見は当日の午前中に急遽決まり、キャンドルジュンさん個人によって行われました。

会見の理由は何だったのか気になります!

この記事では、

  • キャンドルジュンさんが会見した理由
  • キャンドルジュンさんの会見内容と発言

などについて、調査しました。

目次

キャンドルジュンはなぜ会見?理由4選!

出典:スポーツ報知

キャンドルジュンさんは、なぜ会見を開いたのでしょうか。

理由は次の4つだと思われます。

  1. 妻・広末涼子のため
  2. 子供のため
  3. 自身の考えを一度で伝えたかった
  4. マスコミ批判

ひとつずつ解説していきます。

妻・広末涼子のため

出典:スポーツ報知

キャンドルジュンさんが会見を開いた理由1つ目は、嫁である広末涼子さんのためです。

会見では、まず、広末涼子さんの不倫で迷惑をかけていることを謝罪し、深々と10秒以上のお辞儀をしました。

そして、妻に対する自身の思いと、家庭での広末さんの様子を細かく伝えています。

キャンドルジュンさんの広末さんに関する発言

  • 「妻の広末涼子が多くの方々にご迷惑をおかけしまして、申し訳ありませんでした」と謝罪
  • 「妻が育児放棄したことは今まで一度もありません。よき妻ですし、何よりも子供たちにとって最高の母です」
  • 「メイクなんかしないし、美容も気にかけずにひたすら家事をしたり、子供たちの学校のことをしている」
  • 広末さんは仕事で重圧がかかると「濃い化粧をして派手な格好をして眠ることができなくなる」
  • 「結婚してからたくさんのメディアに追われたり、あることないこと書かれて大変でしたか、家族は本当に幸せでした」

さらに、妻・広末さんのことを思いやり、涙ながらに次のような発言も。

妻の心の闇を救えなかったことを悔やみ「もっと早く彼女を止めていればよかった。もっと早く鳥羽氏の自宅に行っていればよかった」と涙ながらに悔やんだ。

引用:スポーツ報知

「もっと早く鳥羽氏の自宅に行っていればよかった。」という言葉は、マスコミより先に行けばよかった、リークされる前に自身が気付き、向き合い、止めてあげたかったという思いからでしょう。

不倫を許す許さないとかではなく、彼女が暴走してしまったのは自分のせいだと話すキャンドルジュンさん。家族を守りたいという強い思いがあったのではないでしょうか。

子供のため

キャンドルジュンさんが会見を開いた理由2つ目は、子供のためです。

会見では「子どもたちや妻、相手の家族や関係者をこれ以上追及しないでください」と、辛そうに涙ぐみ訴えました。

こんな形でうちの事情を知り、本当かどうかも分からないことを多数目にして、何も悪いことをしていないうちの子たちがどうやって外を歩けばいいんでしょうか

引用:中日スポーツ

キャンドルジュンさんは、まだ幼い次男と長女に、長男とは父親が違うということを折を見て伝えようと思っていたところ、今回の不倫報道などで意図せず知ってしまったんだとか。。

こういう形で知ってしまった次男と長女の精神的なショックは大きかったのでしょう…

広末涼子さんの子供たちの父親について解説した記事はこちらをご覧ください。

自身の考えを一度で伝えたかった

キャンドルジュンさんが会見を開いた理由3つ目は、自身の考えを一度で伝えたかったからです。

この会見をした経緯について、

私が『ノーコメント』と言っても憶測で書かれてしまうので、集まって頂きました

ということからも、憶測で書かれ続けることを止め、自分の考えを一度に伝えたかったからだと思われます。

会見をした後は、またノーコメントということにさせてほしい旨のことを伝えています。

広末のラブレターが掲載された週刊文春が発売される前に、今月のイベントで「今月のイベントで「お楽しみに」と発言したことが、様々な憶測を呼んだと謝罪。

引用:スポーツ報知

マスコミ批判

キャンドルジュンさんは、マスコミが憶測で書く記事や、自身や関係者への踏み込んだ取材などを遠回しに批判したかったこともありそうです。

要するに家族を壊したメディア批判を主張したかった会見でOK?

引用:Twitter

キャンドルジュンの会見内容と離婚について

出典:ORICON NEWS

キャンドルジュンさんの会見をまとめました。

会見の方法

会見は、かなり異例の方法で行われました。

  • 記者会見は個人で行った
  • キャンドルジュンさん自ら受付に立ち、記者から名刺を受け取る
  • 質問者がキャンドルジュンさんの隣に座る。(質問者と向き合って答えたいという思いから)
  • 「質問する方は、会社名、できれば出身や子どもの頃の夢や、なぜ今の職業を選んだかなどを語っていただいた上で質問してほしい」と要望

「人間 対 人間」として誠実に話がしたいというキャンドルジュンさんの思いから、このような形になったのでしょう。

離婚について

離婚についた踏み込んだ発言も正直に話されていました。

広末涼子さんから、不倫が発覚する前に「離婚してほしい」と言われたが、キャンドルジュンさんは「話し合いたい」と伝えます。

(広末さんが離婚を切り出した理由は、キャンドルさんが夜中に電話するの怒るからだったそう。)

その後、広末さんと鳥羽周作さんが謝罪文を出した日に、広末さんから謝罪の電話があり、キャンドルさんも受け入れたとのことです。

2年に1回くらい様々な仕事のことで彼女の心の安定が崩れること以外は最も自慢できる幸せな家族だったって思っていますし、できればそのころに戻りたいなと思っています。

鳥羽周作について

出典:日刊ゲンダイ

キャンドルジュンさんは鳥羽周作さんの対応についても明かしました。

鳥羽さん側からはキャンドルジュンさんに全く謝罪がないとのこと。

キャンドルさん自身が何度も直接会いたい旨アポを取るも、最終的にメールで「今日はほかに用事があるのでごめんなさい」と断られ、その後は連絡がないことを明かしていました。

また、鳥羽さんの謝罪文に対しても。

彼の謝罪文を見たときに『これからは料理に精進します』と締めくくられていたことに対して、なんともいえない気持ちになりました

過去の不倫も示談に

広末涼子さんの過去の不倫についても言及しました。

過去にも広末さんは、今回と同じような不倫をしていたそうです。

それに気づいたキャンドルジュンさんが、相手のところに行き決着つけ、示談にしたとのことです。

不倫相手については示談になっているから語らない、とキャンドルジュンさんは話していましたが、2016年6月21日の文春の報道で、記事になりました。

示談にした不倫相手というのは、佐藤健さんと成河さんと言われています。

今後について

キャンドルジュンさんは、今後については次のように話されました。

自分なりの謝罪を相手方の奥様のところに訪問したり、会社やスタッフ、みんなとの話をしたり、この会見をした後に明日から弁護士の方にどうするべきか、ということを相談していきたい

そして、広末さんや家族と、みんながどうしたいかということを話し合いたいという思いをもっているそうです。

どうか、みんなが幸せになる道が見つかるようにと思います

世間の声

世間の声をまとめました。

ジュンさんは家族に対して誠実に生きてこられたんだろうな、と感じる会見でした。

引用:Yahoo!ニュースコメント

ジュンさんの気持ちを考えたら泣けて来ました。

今日は父の日。

自分自身を盾にして、子どもたちを守る、優しく強い父の姿。

かっこいいです。人間性が美しい。

引用:Yahoo!ニュースコメント

こんなに心が苦しくなる展開があっていいのか。

当事者は表に出ずに、サレ夫が表に出て来て謝罪。

引用:Yahoo!ニュースコメント

たった独りで台本もなく、演出されない謝罪会見は慎重に言葉を選び涙をこらえていたが、なぜか不快でなく人として真っ直ぐ嘘偽り無く強く生きようとする男性だと自分は感じた。

引用:Yahoo!ニュースコメント

なんとなくだけど、この方は本当に嘘が付けないというか誠実というか直球な方なんだと思う。

鳥羽さんが誠実に謝罪しておけば許してくれたようにも思う。

この会見の場でも鳥羽さんまで守ってくれたかもしれない。

引用:Yahoo!ニュースコメント

鳥羽氏は何も考えてなかっただろーな。

憧れの人気女優に言い寄られて舞い上がって、勲章みたいな感じで。

だから、ちゃんて真摯に対応することもできない。

引用:Yahoo!ニュースコメント

キャンドルジュンさんに対して、なんとなく良くないイメージを持っていた方も、今回の会見を見て、ジュンさんのまじめさや誠実さに気づいたと言われていた方がとても多かったのが印象的です。

まとめ

2023年6月18日、不倫問題で揺れる広末涼子さんの夫・キャンドルジュンさんが、緊急会見を開きました。

この記事では、キャンドルジュンさんが会見を開いた理由、内容、世間の声について調査してきました。

  1. 妻・広末涼子のため
  2. 子供のため
  3. 自身の考えを一度で伝えたかった
  4. マスコミ批判

今後の動向を見守りたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次