家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOGスタッフブログ

現場管理

現場管理がズバリ解説!!
家ができるまでの工事の流れPart.1

大まかな新築工事の流れは、基礎工事→大工工事→仕上げ工事と進捗していきます。

Part.1では基礎工事の進捗状況を工事写真とともにご説明します。

基礎工事とは家づくりの土台となる、とても重要な部分です。
地面と建物のつなぎ部分にあたる基礎を造るための工事です。

5月吉日 地鎮祭
工事着工前に地鎮祭を行いました。
天候にも恵まれ、良き地鎮祭となりました。
安全第一で工事を進めて参ります。
地鎮祭について詳しくはこちらをご覧ください。

 

5月中旬~6月中旬 基礎工事

step:1 遣り方
遣り方とは基礎工事着手前に建物(基礎)の正確な位置(通り芯/高低の基準)を敷地内に設定する作業(仮設装置)のことです。
 

 

step:2 掘削
地面を掘削し、砕石を充填しております。
 

step:3 鉄筋組(配筋)
 


*弊社の標準である耐震等級3をクリアするために、基礎の補強として鉄筋を追加しております。

step:4 型枠
型枠とは基礎の外周にコンクリートが漏れないように型枠を組みます。
 
2番目の写真で型枠から出ているボルトが見えます。短いボルトで土台を固定します。長いボルトで柱の引き抜きに対応します。

step:5 コンクリートの流し込み

step:6 基礎完成

型枠をはずして基礎が完成しました!
この後、足場を掛け、大工工事に入ります。
大工工事以降はPart.2で随時お伝えさせて頂きます。

追伸
N様と、ある日の打ち合わせで、美味しいお茶を頂きました。
N様 希少なお茶を飲まて頂きまして、ありがとうございました。

※ ブログ中の写真はお客様のご了承をいただいて掲載しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP