家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOGスタッフブログ

営業

冬のお困りごとありませんか?

冬のお困りごとありませんか?
~冬になって困ることは今のうちに解決しましょう~

季節ごとに特色のある様々なご相談を頂きますが、先日頂いたお仕事の一つに「雪庇止め取付工事」というのがありました。
「雪庇(せっぴ)」とは風の影響を受けた雪が屋根の端に庇(ひさし)のようにせり出したものを言います。この雪庇を放っておくとだんだんと厚みを増し重たくなって、最後は
ズドーンと下に落ちてしまいます。
もし雪庇が落ちた時に、車や人に当たったら大変です。場所によっては対策をしないと
危ないですよね。

今回は、木造賃貸住宅のオーナー様からご相談を受け、入居者の通路がある南面に雪庇ができるという内容でした。

元々東面には建築当初から雪庇止めを取り付けておりましたが入居者の安全のためにとの事で南面への設置をご希望され、施工させていただきました。

写真のように雪庇が付く面の屋根の上に尖った三角形の部材を取り付けていきます。
屋根に水が入らないように、風で飛ばされないようにしっかりと固定されています。
風に乗った雪は少しずつ屋根からせり出してきますが、この尖った部分があるおかげで
雪庇が大きくなる前に雪の自重で勝手に切り落とされるという仕組みです。
これで今年の冬からは安心ですね。

雪庇でお困りの方はもちろん、除雪が大変だからロードヒーティングにしたい、車の雪下ろしが面倒だからカーポートを設置したい、などの冬対策は温かい今のうちにご相談下さい。
ご連絡お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP