家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOGスタッフブログ

齊藤 克也

北海道胆振東部地震

食品とかはまだ不足していますがなんとか平穏を取り戻しつつあります。
今回の地震で感じた事をまとめます。
①ウォーターサーバーを設置していたので袋入りの水が54リットル確保出来ていた。
②車がハイブリッド車だったのでガソリンが半分くらいだったが携帯の充電やテレビでの情報収集が出来た。(まだ残ってるので長蛇の列にも並ぶ必要がない状態)
③出張当日で食糧の備蓄が無く苦労した。(レトルトのお粥と缶詰が凄く有効な備蓄である事がよくわかった。電気も火も無くても食べられるから)
④風邪薬、胃薬、ビタミン剤、赤ちゃんのお尻拭き、全身つかえるウエットティッシュ。出張の為用意してあったので安心でした。
⑤カードが全く使えないので数万円の現金も絶対必要です。
⑥本日アマゾンでモバイルソーラーバッテリー2500円程度とソーラーLED照明1500円程度(普段から節電にも役に立つので)を購入しました。

今思いつくのはこんな感じです。参考になれば是非!
ちなみに弊社の新築のお客様にほとんど被害がなかったのと、断水の所もエコキュートから水を出せた事、太陽光及び蓄電池をつけてくださってるお客様は凄く役にたったとの連絡がきて嬉しかったです。ここ数年は耐震等級3を標準としている事がほんと役に立って良かったです。
下の写真は停電の交差点と地震の前の台風の後の様子です。

牛乳がめちゃくちゃ飲みたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP