家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOGスタッフブログ

コーディネーター浅利

2019オーナー様宅取材 ~K様邸

コーディネーターの浅利です。
新年のご挨拶が遅れましたが、皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

先日、2016年2月にお引渡しをしたオーナー様宅へ、取材同行で久しぶりにお邪魔させていただきました。
まだ小さかったH君も、3年経つと大きくなっていてビックリです。(相変わらずイケメンでしたが(^^))

ライターさんのインタビューに答えていただいているお話を聞いていると、当時のことが色々とよみがえり懐かしくなりました。

とてもおしゃれなK様ご夫妻が目指したお家は、まず、お家に合わせて物を揃えて生活するのではなく、お気に入りの物に合わせたお家を作りたいということでした。
何かを購入する時は、お家を建てることを視野に入れて、お買い物をされていたK様。
賃貸ではきっと存在感ありすぎだっただろうと思うくらいのブラックチェリーのダイニングテーブル。それに合わせて、床材もブラックチェリーにしたり、造作棚なども統一感が出るように塗装業者に調合して色を出してもらいました。

部屋を間仕切る建具や収納スペースのクローゼットドアなどは極力なくし、その分 ”楽しい♪” ところにお金をかけたい!というのも、K様のお家づくりの想いでした。
なので、カップボードにも扉は一切不要!なるべく既製品は使わず、持っているもののサイズに合わせて使いやすく大工さんに作ってもらいたいというのが強いご希望で、奥様もお鍋やフライパンまでひとつひとつのサイズを測って打合せに来て下さり、棚の高さなど何度も検討を重ねたものです。

TVよりも本がお好きなK様のお家にはたくさんの本があり、本棚もあちらこちらに造作しました。
本をインテリアの一部として考え、どの段にどのサイズの本を置くというところまで計算して、細部まで一緒にデザインしました。

昨年の地震の際、食器も本も全く被害がなかったと喜んでいただけたのも、とても嬉しかったです( ;∀;)

一番拘りが多く詰まっているキッチンで写真を撮らせて欲しいというカメラマンの要望で、今回は敢えてママではなく、週末は食事の支度もされるというパパにモデルになっていただきました!

H君にもお手伝いしてもらい、コーヒーを淹れるところを撮らせていただきました。

久しぶりにお伺いさせていただいたK様邸には笑顔が溢れていて、K様らしい素敵な暮らしをされていて、私もとても幸せな気持ちになりました!
お忙しい中、取材のご協力いただき、本当にありがとうございました。H君もモデルのお手伝い、ありがとう!
取材させていただいた内容は、近日中にHPに掲載されると思いますので、皆様ぜひご覧ください。

来月も2軒、オーナー様宅に取材訪問させていただきます!楽しみです♪
またブログでご紹介させていただきますね。

※ ブログ中の写真はお客様のご了承をいただいて掲載しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP