家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOG棟晶スタッフブログ

コーディネーター浅利

フェンス改修工事

知り合いの不動産管理会社からご紹介をいただき、先月末、フェンスの改修工事を担当させていただきました。
9月の北海道胆振東部地震の直前に北海道を通過した台風21号の影響で、木製のフェンスが壊れてしまったとのことでのご相談でした。

駐車場とお隣の敷地を隔て、冬ははねた駐車場の雪を一時置きするためにも重要な役割をするフェンスで、なんとか雪が降る前に間に合わせたい!ということで、10月末の工事となりました。
(焦ったわりに、今年の初雪は遅く…結果的には余裕でした( ´艸`))

木製のフェンスは趣きがありよいのですが、メンテナンスも大変。
保護のために3年毎くらいに塗装も必要です。

今回は、今後のメンテナンスのことも考え、アルミ製のものでご提案したもののお見積りするととても高額になり…
大工に相談して造作する方法で再度ご提案しました。
一番長いもので6mもある材料を仕入れて加工です。

これだけ長いと運搬が困難なので、倉庫である程度予定の長さにカットして現場に運搬しました。
まずは、既存の木製フェンスを全て撤去。

そして、柱を立てて、水平を取ります。

営業新入社員の東も、この日は私に連れられ現場のお手伝い。

 

横格子材を固定するためのアングルを取り付けます。

土地が平らではないため、格子材は角度を合わせてカットし、役割分担してチームワークよくどんどん取り付けていきます。

夕方まで丸一日作業にかかりましたが、ご近所の皆様にも温かいご協力をいただき、完成しました。
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

来社・来場予約 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP