家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOG棟晶スタッフブログ

コーディネーター浅利

Panasonic トレンドセミナー2018

先日、Panasonicのトレンドセミナーに参加してまいりました。

まずは、今年で65年目を迎えるラグジュアリー住宅誌「モダンリビング」の発行人である下田結花先生のセミナーに始まりました。

豊かさとは何か?という暮らしの本質を考えつつ、インテリアの工夫やトレンドを紹介して下さいました。
リノベーションされたという先生のご自宅マンションの事例紹介もあり、間取りの変え方、配置の仕方、お家の中での景色の見え方など、とても参考になりました。

室内でもベランダでも、先生が挙げたトレンドのひとつである「グリーンのあるくらし」を実践されており、もちろん疲れることも落ち込むこともあるけれど、栽培しているハーブを摘みにベランダに出たり、そのハーブを使ってお料理をしたり、煮だした後のハーブを入れてお風呂に入ったり…ということをしている間にもリラックスし、ストレスがリセットされていくのだそうです。
育てるのが苦手な私も、もう少し家にグリーンを増やしたいな…と思うような写真やお話ばかりでした。

第二部はPanasonicの新商品紹介です。
12月に発売された暮らしを豊かにする水廻り新商品(キッチン・システムバス・洗面ドレッシング)。
特に印象的だったのは、ダイニング側からも使えるラウンドアクセス型の「いろりダイニング」キッチンです。

ショールームは写真撮影NGだったので、カタログを写した写真でのご紹介となりますが、皆でキッチンを囲み、作りながら食べて、食べながら作って、お片付けまで… ”現代版いろり”をイメージしたキッチン。
対面操作のマルチワイドIHの加熱エリアと作業(食事)エリアが一体になっていて、作る人・食べる人の役割をなくしキッチンそのものが皆が一緒に楽しめる場所になっています。
シンクも正方形で3方向から皆で使うことができ、付属やオプションのラック類も必要な方に移動できます。
音の気になるレンジフードは、ファンを天井裏に設置することで、会話を妨げない静音設計になっています。(10年間お手入れ不要とのこと!)
もちろんかなりお高めですが、夢のようなキッチンですね…(;’∀’)

こちらは手の届きやすい贅沢かな…と思いますが、2月に発売予定のスピーカー付ダウンライト。
お手持ちのスマートフォンからBluetoothで接続して音楽を再生できるものです。

親器1台だけならモノラル再生、子機をセットにすればステレオ再生、ワイヤレス送信機も接続すればテレビ音声も再生できます。
もちろんダウンライトの光色は、電球色・温白色・昼白色と3色の設定があり調光も可能。本来の色味をより美しく引き立てる高演色LED「美ルック」を搭載しています。

リビングや寝室には、ダウンライトだけではなく、引掛けシーリングで設置可能なスピーカー付シーリングライトの同時発売予定もあり、調色やシーン設定もできます。
今は、CDを買ったり、お家にオーディオ機器を置かない人が増えていると思いますが、こんな商品も検討してみてはいかがでしょうか?

※ ブログ中の写真掲載は下田先生公認によるものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

来社・来場予約 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP