家の燃費を科学する 棟晶株式会社

BLOGスタッフブログ

セミナー

新築の家にかかる費用内訳を徹底解説!意外に知らないお金の話!

新築注文住宅からリノベーションまで手がける札幌の工務店「棟晶」です。

 

新築で家を建てたい!と思ったら、まず気になるのがその費用ですよね。

 

家を建てる時にかかるお金といえば「土地代+建築費」。

この金額までは皆さま考えているのですが、実際にはこれにプラス諸費用がかかります。

 

建築費はさらに「本体工事費」「付帯工事費」の2つに分かれます。

それに加えて発生するものが「諸費用」というわけです。

 

今回は、上記の3つの費用に関して詳しく解説していきます!

家と電卓と電球のイメージ

 

 

【新築の家にかかる費用その1】本体工事費とは?

本体工事費とは、家そのものにかかる費用を指します。

 

新築を建てる際にかかる費用の約7割が、この本体工事費に当たります。

本体工事費に含まれるものを下の表にまとめました。

 

【内訳】

 仮設工事費用   工事に必要な足場組みや電気、仮設トイレや水道の設置の費用
 基礎工事費用   土地の整備や家の基礎作りに必要な工事費用
 木工事費用   建物の骨組みを作るための工事費用
 屋根工事費用   屋根全般に関わる工事にかかる費用
 建具工事費用   ドアや窓など建具の設置にかかる費用
 仕上げ工事費用   壁や防水・タイル加工など、内装や外装工事などにかかる費用
 仕上げユニット工事費用   既成家具の他、キッチンやお風呂など水回りの工事費用
 設備工事費用   電気や排水管、冷暖房・空調などの設備にかかる費用

 

ハウスメーカーや工務店の広告でよく目にする坪単価や注文住宅の価格は、多くの場合この本体工事費のみを示した金額です。

その金額だけ見て、単純にその金額で家を建てられるのかと考えてしまうのは危険です。

 

坪単価だけでは家を建てられないことを覚えておきましょう!

 

 

【新築の家にかかる費用その2】付帯工事費とは?

付帯工事費とは、家本体外の建築にかかる費用を指します。

新築の家を建てる際にかかる費用のうち、約2割が付帯工事費用です。

 

土地に建物を建てても、水道やガスなどの設備を土地の外から引いて来なければ生活はできないですよね。

しっかりと生活できる家に仕上げるために必要なのが付帯工事です。

 

また建物以外の設備工事(フェンスや庭、ガレージなど)も、付帯工事費用に含まれます。

 

【内訳】

 外構工事費用   フェンスや駐車場、庭など、建物周りの費用がここに含まれる
 引き込み工事費用   水道、ガスなどの設備を土地に引き込むための費用
 敷き設工事費用   土地に引き込んだ水道やガス設備を家の中に引き込むための費用
 照明器具工事費用   各部屋に設置する照明にかかる費用
 カーテン工事費用   カーテンやブラインドを設置するための費用
 地盤調査費用   その土地に家が建てられるか調査する費用

 

以上が、基本で発生する付帯工事費の内訳例です。

 

この他に、必要に応じて別途費用がかかることがあります。

・解体工事費用:古い建物などを解体するのに発生
・地盤改良工事:地盤が弱い場合、それを補強するために発生

 

地盤調査で土地が弱いことなどが発覚すると、地盤改良工事をして家が建てられる状態にしなければなりません。

土地の価格だけを見て土地選びを行うと、かえって土地に多くの費用がかかる可能性もあるので要注意です!

 

 

【新築の家にかかる費用その3】諸費用とは?

諸費用とは、工事に関わるところ以外の費用を指します。

税金や保険などにかかる費用で、全体の費用の約1割がこの諸費用です。

 

【内訳】

 印紙税   住宅ローンの契約書、売買契約書などに課される税金
 登録免許税   住宅や土地の所有権を登記する際に課される税金
 不動産取得税   土地や建物など、不動産を取得した場合にかかる税金
 融資手数料   住宅ローンの借入を行う際に金融機関に支払う事務手数料
 火災保険   住宅ローンを組む場合は火災保険加入が義務
 式典費   地鎮祭を行う場合には、それにも費用が発生します

以上のような諸費用について考えないまま家づくりを進めてしまうと、まさかの予算オーバー!!なんて事も考えられます。

諸費用は工務店によって異なるため、工務店選びの際にはこの諸費用の比較を行うのも大切なポイントです。

 

また、任意で地震保険に加入したり、地域によっては給水負担金や町並みを維持するための町並保全費などが発生する場合も。

仲介業者が介入する場合の仲介手数料、引っ越し費用、家具の購入費用、固定資産税など他にもかかる費用は色々あります。

 

注意点として、これらの諸費用は住宅ローンに組み込むことができません。

現金で用意しておく必要があるので、いざとなった時に払えないということがないように、ある程度余裕のある予算計画を立てておきましょう。

 

 

家の新築には費用がかかる!内訳を知って正しい予算計画を

チラシや広告で目にする金額にプラスして、様々な費用が発生することに驚いた方も多いのではないのでしょうか。

新築で家を購入する際は、どんな費用が発生するのかしっかりと書き出した上で家本体にかけられる金額がどれくらいなのかを算出する必要があります。

とはいえ、読んだだけでは具体的なことはイメージしづらいですよね。

 

そんな方のために、棟晶株式会社では定期的に家づくりの費用を解説する無料セミナーを行なっています。

棟晶のセミナー テーマセミナー の様子

建築費・諸費用のことはもちろん、住宅ローンや住んでからの費用などを詳しく解説します!

 

特に選択によって数百万円の差が生まれる可能性のある住宅ローンに関する話は必見です。

弊社では毎月各金融機関の最新金利での支払い金額のシミュレーションを一覧にして、セミナー資料として配布させていただいております。

 

また建てた住宅の性能によって、光熱費やメンテナンス費用にも大幅な差がでてきます。

新築の家が完成してから後悔することのないよう、その点もしっかり解説します。

 

最善の選択をした場合と間違った選択をしてしまった場合、それらの差を合計すると1,000万円以上になることも!

 

節約できるところは節約して快適なマイホームを手にいれたいですよね?

 

たくさん知識を身につけて、お得に家を建てましょう。

家づくりのお金に関する困った!は棟晶にご相談を。

 

セミナーのお申し込みは以下から承っております。

会場でお待ちしております!

知ると知らないでは1,000万円もの差‼ 一生住めるマイホームをお得に手に入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事

モデルハウス・見学会 お問合せ資料請求 電話問合せ
PAGE
TOP