top  > リノベーション  > 中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買ってリノベーションするということは、どうゆうこと?リフォームと何が違うの?
リフォームとリノベーションの違いですが、リフォームは間取りなどを大幅に変えることなく、壁紙を新しくしたり、外壁などを貼り変えたり、キッチンや設備機器を新しくするなどし、老朽化が進んだ状態を修繕する・メンテナンスするということを意味します。
リノベーションは内装や外装を一新することはもちろん、大規模な工事で耐震や断熱性能を高めたり、大幅な間取り変更をなどをして、住宅そのものの性能を向上させたり、現在のライフスタイルにあった住まいに変えることを意味します。 新築時以上に価値ある住まいになるのがリノベーションです。

最近では新築を建てるか、中古住宅を買ってリノベーションするか迷っているという方が増えています。 古い家に住むのに抵抗がある、買って後悔しないか不安、など感じている方も多いでしょう。 まずは中古住宅を買ってリノベーションすることの、メリットとデメリットを知りましょう。

中古住宅のリノベーションと新築のメリットとデメリット

メリット デメリット
中古住宅をリノベーション
  • 立地条件の良い土地に、住むことができる
  • 国の補助金制度が豊富
  • 基礎や構造体等にコストがかからない
  • 間取りに制限がある
新築
  • 全てが新しい
  • 土地以外の制約条件がない
  • 基礎構造体等でコストが大幅にかかる
  • 立地条件の良い土地が、なかなか見つからない

立地条件の良い土地

駅から近い、日当りがよい、角地、スーパーや学校から近いなど立地条件の良い土地は、ほとんど建物が建っています。その土地に建っている建物をうまく利用することができれば、解体工事費も抑えることが出来、基礎も使うことができれば 基礎代も抑えることが出来ます。中古住宅を買ってリノベーションする最大のメリットは、立地条件の良い土地に住むことができることです。

土地・物件探しについて

補助金制度が豊富なのはリノベーション

リノベーションやリフォームに対する国の補助金制度が豊富なので、うまく活用すれば工事費用を抑えることができます。募集期間が限られているものが多いので、住み始めたい時期から逆算するとお得に建てられます。利用する場合、申請するための書類が 多く工事の時期も限られてしまうので、ご希望の方はご相談ください。

最新補助金情報はこちら

基礎や構造体等にコストがかからない

リノベーションの良い点は、既存の建物の状態が良ければ再利用できることです。その分コストダウンにつながり、新築を建てるより低価格で新しい住まいを手にいれることができます。特に基礎や構造体等は再利用することができれば、かなりのコストダウンに繋がります。固定資産税は基礎を新しくした時点から計算をしますので、古い基礎を活用してリノベーションする場合は 固定資産税が安くなるケースもあります。ただ基礎や構造体は住宅を支える大事な部分ですので、再利用できるかどうかはプロの判断が必要です。

棟晶のリノベーション

中古住宅リノベーションの費用

中古住宅を買ってリノベーションする場合、一番気になるのがリノベーション費用について。よく「中古住宅のリノベーション費用はいくらかかりますか?」というお問い合わせをいただきます。リノベーションは、どこまで改修するかによって費用が異なります。また、同じリノベーション内容でも中古住宅の状態によっても異なります。まずはどんな暮らしをしたいか、どんな間取りにしたいかなど、希望を明確にしましょう。

※関連:リノベーションの費用