top  > リフォーム  > 快適度UP・光熱費削減リフォーム  > ハニカム構造断熱ブラインド aSsu

リフォーム

ハニカム構造断熱ブラインド aSsu

カーテンを断熱ブラインドに変えるだけで、夏は日射しをカットし、冬は冷気の侵入を防ぎ室内の暖かい熱を逃がしません。 棟晶では、断熱ブラインドとしてハニカム構造断熱ブラインドaSsuを採用しております。 低コストで高い断熱効果が得られ、コストパフォーマンスの優れた商品です。 既製品ではなく受注生産のため、窓の大きさに合わせていろんなタイプのブラインドを作ることが可能です。

blind_sekou01

blind_title2

プリント

断熱ブラインドってどんなもの?

断熱ブラインドってどんなもの?

断熱ブラインドは、蜂の巣(ハニカム)構造となっおり、この蜂の巣状の空気層に空気をとじこめて断熱します。夏は窓からの熱の侵入を防ぎ、冬は窓からの冷気の侵入を防ぎます。受注生産のため、様々な窓のサイズやインテリアに合わせてつくることが可能。
ハニカム構造の種類は2つ

ハニカム構造の種類は2つ

空洞が1つのタイプと、空洞が2つで構成されているタイプの2種類があります。 ダブルハニカムの方が空洞が多いのが特長で、その分空気を閉じ込める事ができるので 断熱性能は上です。空洞が多いからと言って、光を遮断するわけではありません。しっかり光を通します。
用途に合わせてコードは3タイプ

用途に合わせてコードは3タイプ

上下コードタイプは、右のコードを引っ張るとブラインドは上に、 左のコードを引っ張るとブラインドが下に動きます。 日射しの角度によって、日射の侵入をコントロールできるのが特長です。

ループコードタイプはコードを回して操作します。小さい力で操作できるので、面積の大きい窓や大開口部への設置にも適しています。

コードタイプは普通のブラインドと使い方は同じです。 コードを引っ張るとブラインドが上に上がっていきます。
断熱ブラインドは窓の位置(東西南北どの位置に窓があるのか)でコードタイプを選ぶ方法もあります。 日射をコントロールすると、室内の温度をブラインドで調整することができるからです。
空気層は4タイプ

空気層は4タイプ

空気層は4タイプ、全て取り扱っておりますが弊社で推奨しているのは最も断熱効果の高い45mmダブルハニカムです。
豊富なカラーバリエーション

豊富なカラーバリエーション

豊富なカラーバリエーションから選べるので、いろんなインテリアデザインに合わせることができます。
●採光タイプはこちら(拡大します)
●遮光タイプはこちら(拡大します)
※画像はイメージです。実際のカラー等と異なる場合があります。

ご自身で採寸する場合(内付け)

ご自身で採寸する場合(外付け)

オーダーメイドの商品です

ハニカム構造断熱ブラインドは、オーダーメイドの商品ですので、商品の詳細(空気層は何ミリ?ダブルハニカムorシングルハニカム?採光or遮光?色は?コードタイプは?)を決めた上で、サイズを測っていただく必要があります。採寸してご注文、さらに設置までご自身で進めていただくこともできますが、札幌市内でしたら弊社スタッフが採寸、お見積もり、設置までいたします。(※設置費用は別途かかります)具体的な見積もりご希望の方は、弊社にお問い合わせください。カタログとカラー見本の送付のご依頼も受け付けております。

ご注文はこちから!


実物を見たい方は、お気軽にご連絡ください

実物を見たい方は、お気軽にご連絡ください