top  > リフォーム  > その他のリフォーム  > 外壁リフォーム

リフォーム

外壁リフォーム

棟晶の外壁リフォームは、窯業系サイディングを採用しています。 窯業系サイディングとは、セメントや繊維質を主な原料に板状に形成したもので、 窯(かま)を使用するため窯業とよばれています。 柄や色などのバリエーションが豊富で、最近の新築注文住宅では窯業系サイディングが主流になっています。数ある窯業系サイディングの中で棟晶が選んだのは、KMEW(ケイミュー)のセラディール親水14mmとネオロック親水16mm。雨で汚れを洗い流してくれる親水コート仕様の外壁材です。

●標準仕様
・KMEW(ケイミュー)セラディール親水14mm、またはネオロック親水16mm

雨で汚れを洗い流す、親水コート仕様の外壁材

雨で汚れを洗い流す、親水コート仕様の外壁材

親水コートの表層は、水になじみやすい親水基に覆われています。雨が降れば親水基が汚れとの間に雨水を入り込みやすくするため、壁に付着した汚れが浮き上がり雨水と一緒に洗い流してくれます。
コストパフォーマンスに優れた14mm

コストパフォーマンスに優れた14mm

KMEW(ケイミュー)のセラディール 親水14シリーズを採用しました!しっかりした品質を保ち、柄のバリエーションも豊富です。

>>> プランボードを拡大する
金具留めが可能な16mm

金具留めが可能な16mm

金具留めとは、専用の金具をサイディングにはめこんで、下地に留め付ける方法です。 サイディングが胴縁(外壁材の木下地)より浮き上がるので、サイディング裏面に空気が流れるようになります。 通気が出来ると外壁材がより長持ちします。

>>> プランボードを拡大する

外壁リフォームの施工方法

外壁のリフォームは、既存の外壁に胴縁を取り付け新しい外壁材を施工する方法(重ね張り)や、既存の外壁を撤去して新しい外壁材を施工する方法(張り替え)があります。重ね張りの方がコストは抑えられますが、既存の外壁の状態によりできない場合もあります。(痛んでる場合は基本的に補修が必要になります)張り替えの場合は、断熱改修も一緒に行うことが可能です。どの方法が良いのかご相談承ります。

工事費の目安

項目 金額
14mmサイディング(外壁面積203m2:床面積約30坪の一般住宅)※価格は全て税込です。
※こちらの価格表はあくまで目安となっております。条件が異なれば金額は異なって参りますので、詳細はお問い合わせください。
横貼:162万円、縦貼:167万円
16mmサイディング(外壁面積203m2:床面積約30坪の一般住宅)※価格は全て税込です。
※こちらの価格表はあくまで目安となっております。条件が異なれば金額は異なって参りますので、詳細はお問い合わせください。
横貼:184万円、縦貼:195万円