top  > リフォーム  > 快適度UP・光熱費削減リフォーム  > 断熱改修工事(壁・床・天井の断熱リフォーム)

リフォーム

断熱改修工事(壁・床・天井の断熱リフォーム)

断熱リフォームは快適さが増す上に、暖房費を削減することができます。棟晶(札幌)の断熱リフォームは古い断熱材を新しくするだけではなく、家全体の断熱性能を大幅に向上させ、新築時以上の断熱性能にすることができる技術があります。まずは現在の断熱材の状態を「断熱診断」で確認し、燃費シミュレーションでどれくらい快適さが向上するか、暖房費が削減できるかをご提案させていただきます。

before_after_dannetu0

断熱リフォームの結果、こんなに断熱性能が変わります

左の「BEFORE」が施工前の様子、右の「AFTER」が当社で断熱工事を行った後のものです。施工前は壁を剥がすと断熱材が半分近く黒ずんでおり、気密シートが無い上隙間も大きく開いておりスカスカの状態でした。これでは 断熱材としての役割は無いに等しく、断熱材が入っていない家に住んでいるのと同じです。施工前は圧送10Kのグラスウールでしたが、リフォーム後は壁はロックウール圧送吹き込み65K、天井はロックウールブローイング400mmとなり、壁は6.5倍、床・天井は3.5倍の断熱性能となり、冷たい熱が室内に伝わりにくく、温かい熱が室外に逃げにくくなりました。その結果、快適さが増し年間の暖房費は3分の1になりました。

断熱工事で外へ逃げる熱の総量を減らします

断熱工事で外へ逃げる熱の総量を減らします

築30年ほどの住宅では、出ていく熱の総量を100とした場合、床や天井・壁から出ていく熱量は図の様になります。折角、暖房をつけてお部屋の中を温めてもこんなに熱が出ていってしまっては、非効率です。
棟晶では床・壁・天井に断熱・気密工事を施し高断熱+高気密にすることで、外気の熱が伝わりずらく、熱が逃げにくい住宅にします。さらに省エネな住宅を目指すには、使用している暖房設備や給湯設備も見直さなくてはなりません。そうすることで光熱費は少なく、温かくて快適な室内環境を作る事ができます。
無料で断熱診断します

無料で断熱診断します

壁の中、床下、天井裏に入れられている断熱材の様子はどうなっているのでしょうか?床や天井は点検口などから確認することはできますが、壁の中の断熱材の様子は、壁を壊してみないと実際、確認することは難しいもの。ですが棟晶ではサーモグラフィーを使って、お宅の断熱がどんな状態かを確認することができます。

【無料】断熱診断:まずは我が家の性能チェック
http://t-syou.jp/faq/4005/
まずは問題点を明確に

まずは問題点を明確に

この写真は実際に断熱診断したお宅の写真です。濃い紫色に見えるところが、壁内部で隙間がある状態です。こういった所からの冷気が進入したり、暖められた空気が逃げていきます。新築時の設計図面だけではこのような問題点は見つかりません。建物内部の断熱材の状態を確認することで、問題点が明確になります。
家の燃費を数値化

家の燃費を数値化

問題点を改善したらどうなるのでしょう?棟晶は具体的に数値化して家の燃費と光熱費をご提示します。例えば床と壁の断熱工事を行う場合「あたたかくなりますよ!」「他のお客様も削減できたから大丈夫ですよ!」という言葉ではお伝えしません。本当に快適になるのか?暖房代や光熱費は削減できるのか?について、具体的な数字で快適さの根拠をご提示します。
壁の断熱改修工事

壁の断熱改修工事

壁の断熱改修は、外壁材を剥がして施工する方法と内壁を剥がして施工する方法があります。断熱改修するのと同時に外壁を新しくしたい場合は前者の方法で、基本的には板状断熱材を施工します。クロスを新しくしたい場合は後者の方法で、柱間に専用ネットを張りロックウール圧送吹き込み(65K)をするか、硬質ウレタンフォームを施工します。ただし燃費シミュレーションで「快適」を実現するには?という点を1棟1棟計算し優先しますので、使用する断熱材や工法は全く同じとは限りません。

内壁を剥がして施工するロックウール圧送吹き込み(65K)
床の断熱改修工事

床の断熱改修工事

床材であるフローリングなどの下を断熱するため、足元の温かさを感じやすい断熱工事です。工事は床下から現場発泡ウレタンフォームなどを吹き付けできる場合とできない場合がございますが、できない場合は床材などを剥がして施工させていただきます。床の断熱工事も、使用する断熱材や工法は全く同じとは限りません。



床材を剥がして施工するロックウール圧送吹き込み(65K)
天井の断熱改修工事

天井の断熱改修工事

天井の断熱改修は、天井点検口から断熱材を専用のブローイングマシンで増し吹きできる場合が多く、ほとんどの住宅が屋根や外壁、室内側も壊さず工事できます。
まずは、あなたのお住まいの状態を知りましょう

まずは、あなたのお住まいの状態を知りましょう

断熱改修をご検討のお客様には、無料で断熱診断をさせていただきます。お部屋の中から建物内部の断熱材の状態などをリアルタイムに確認し、状況をご報告させていただきます。お部屋の中の温度差をサーモグラフで確認する事により、問題点がはっきりわかります。まずは住まいの状態を知りましょう。

断熱診断とは?
http://t-syou.jp/faq/断熱診断/

工事費の目安

項目 金額
断熱改修工事(床・天井 125㎡迄)
※床材交換など付帯工事は含みません。※条件が異なれば金額が変わりますので、詳しくはお問い合わせください。
60万円(税込)