top  > お客様の暮らし  > リノベーション  > リノベーションで暮らしが新しく

お客様の暮らし

リノベーションで暮らしが新しく

賃貸で借りていた家をタイミングよく大家さんから「買わないか?」と提案を受けて購入し、3年前に棟晶でリノベーションしたご家族。窓から桜が見えるご自慢の家に伺い、コストを抑えつつ暖かくて快適な家を手に入れるまでのストーリーをお聞きしました。

1

比べてみたら棟晶

―棟晶のことを知ったきっかけを教えて下さい。

奥さま:テレビでパッシブハウスの特集を見たんです。暖かい家に住むことが住まいを変える一番の目的でしたから、すぐにインターネットで検索して出てきた会社と話を進めていました。ある程度進んだところで、別の会社にも話を聞いてみようと連絡したのが棟晶でした。よく思い出してみると、テレビで見たのは棟晶だったんです。

旦那さま:大工が自社の大工であるというのは、大きな決め手になりました。臨機応変に対応していただけますから。

奥さま:ホームページがいかにオシャレでステキでも、事務所に行ってみないと本当のところが分からないと思います。その点、棟晶さんは社長さんやスタッフの皆さんの元気あふれるハツラツとした人柄も好印象でした。

2

リノベは引っ越すストレスがない

―リノベーション前はどんな家だったのでしょうか?

旦那さま:築40年以上で、とにかく寒い家でした。冬場は、玄関の結露が凍ってしまうような。長く住むなら直していかないとダメだと思っていました。

― どうして新築ではなく、リノベーションだったのでしょうか?

旦那さま:当初はこの家を賃貸で借りてましたから、別のところを探していたんです。そしたらすごくいいタイミングで大家さんから「家を買わないか?」と声をかけてもらって。この物件は、広さも十分ですし、職場からも近い。家の間取りも気に入っていましたので、ここをリノベーションしようと決めました。それに、新築だと選択肢がありすぎて決められないと思ったんです(笑)私が理系なこともあり、納得がいくまでとことん比較して分析して、という作業が大好きで。とても楽しいんですけど、時間がかかりすぎてしまうのです。

3

奥さま:新しい土地に引っ越すストレスがないのも助かりました。予算面もずいぶんとコストダウンです。

旦那さま:棟晶には、ずいぶんと細かい調整までご協力いただきました。この窓は桜がきれいに見えるんですが、高さをセンチ単位で調節させてもらって実現したものです。こんなに立派な庭や桜は、新築じゃ味わえないでしょう。

4

元の家を活かして、コスト削減

–前の家から、どんなところを変えたんですか?

旦那さま:キッチンを動かしました。断熱は、外側から工事をしたので、石膏ボードは外していません。クロスは変えました。あとは、ちょっと家の中が暗かったので、床を明るい色にして、窓の位置も調節しました。

5

奥さま:家を建てた時のオーナーさんは、音楽にこだわりのある人だったようで、天井にスピーカーがあります。それはそのまま残して、スマートフォンから無線で音楽を流せるようにして、カフェっぽい雰囲気を味わっています。

旦那さま:このストーブも、もともとあったものです。デザインも気に入ったし、引き続き使うことで、コストを削減できました。将来的には、薪かペレットストーブに変更するのも夢ですね。

6

冬でも家を広く使えるようになった

— 実際にリノベーションしてみて、いかがですか?

旦那さま:暖かいですね。広い家なので、ストーブとエアコンを置いていますが、春先や秋口はエアコンだけで快適です。前の家では、相当着込んでいました。広い家なのに、みんなでストーブの前に固まって過ごしていて、2階には寝るときにしか上がりませんでした。

奥さま:家の中で動ける範囲が広くなったのはとってもうれしいです。床が暖かくなり、霜焼けにもならなくなりました(笑)

旦那さま:夏も涼しくなりましたね。風の通りを考えてリフォームしたので、窓を開けて過ごせば、本当に快適です。

7

— 太陽光発電も導入されてますよね。

旦那さま:最初は入れる予定はなかったのですが、見積もりや発電量の見込みを聞いたら、いいなぁと思いまして。

8

―初期費用の回収までどのくらいかかるのですか?

旦那さま:見積では9年くらいでしたが、おそらくそれよりも早いでしょう。4、5月が発電量が多く、売る量と買う量が反転するのは、冬の12月、1月、2月くらい。買うエネルギーより売るエネルギーのほうが多い月がほとんどです。

9

リノベして生まれた「自分の家」という実感

— 費用はどうでしたか?

旦那さま:中古で買った土地と建物の費用、リノベーション費用、さらに太陽光発電の費用全部合わせても、同じ広さと性能の家を新築で建てた建物だけの値段より安いと思います。
以前はどうしても自分の家って感じがしなかったんです。でも、自分なりのこだわりを持ってリノベーションして、新しい生活が始まったら「ここが自分の家なんだ」と、実感が持てるようになりました。それから家の外側もきれいにしたいなと思い、庭の手入れや、畑もはじめたんです。畑はまだ2年目ですが、楽しみです。

10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じカテゴリの記事