top  > 施工事例  > リノベーションでパッシブハウス(EnerPHit エナフィット認定)

施工事例・お客様の声

リノベーションでパッシブハウス(EnerPHit エナフィット認定)

特徴

施工期間
約60日間(2011年12月完工)

建物概要

間取り
4LDK
延床面積
約45.2坪
構造
木造2階建
認定基準
ドイツパッシブハウス研究所 EnerPHit(エナフィット)認定:リフォーム版パッシブハウス
家族構成
大人2人、お子さま2人
燃費シミュレーション
年間暖房負荷25kWh/m2は、圧倒的に快適!
リフォーム版パッシブハウスEnerPHitの基準は、年間暖房負荷25kWh/m2を達成しなければならず、躯体性能を上げるため、様々な工夫をしました。完成した後はもちろん、施工中も大工が「すごい暖かいわ!」「外は寒いのに上着なしで寝れそう」など驚きの連続で、我々も「快適」のすごさを実感した事例です。今の棟晶のコンセプトや目指す方向を見出す、原点となった1棟です。
担当スタッフより
日本初!リフォーム版パッシブハウス(EnerPHit)認定取得
パッシブハウスとは、ドイツの「パッシブハウス研究所」が規定する性能住宅を満たす認定住宅で、その省エネ性、断熱性、気密性は世界トップレベル。日本では、新築でパッシブハウス認定を取得した住宅は数軒ありますが、リフォームではパッシブハウス認定(EnerPHit)を取得している建物はありませんでした。この度、棟晶では一般社団法人パッシブハウスジャパンのご指導のもと、リフォームによるパッシブハウス認定の取得に向けて建設し、EnerPHit認定を取得いたしました。

詳しくはこちら 日本初!リフォーム版パッシブハウス(EnerPHit)認定取得
http://t-syou.jp/faq/3515/