top  > スタッフブログ  > 秋分の日

スタッフブログ

秋分の日

9月22日は秋分の日です。この日は昼と夜の長さが同じになりこの日を境に夜の方が長くなっていくわけです。
棟晶では、パッシブハウスの考え方をベースに太陽の力をできるだけ取り入れることを考えています。そして、ここ北海道は一年の半年くらいは寒い時期なので、冬への備えに重きを置いて考えています。(いくら、今年の夏は暑かったとは言えほんの2週間くらいのことです。)これからの季節は特に、少ない日中のおひさまを入れる工夫をしなくちゃなりません。

しかし、窓は、通常の壁に比べて断熱性能は落ちます。だから、窓は大きくしたくない…
でも、窓を減らすと、室内の明るさも減りおひさまの力をもらえない…というバランス。また、デザイン的なカッコ良さも求められます。そして金額…。

さて、秋分の日以降はどんどん夕方暗くなるのが早くなりますね。まだ半袖で仕事していますが、冬が近づいてくると思うと少し憂鬱ですが。実際、去年の日の出日の入りのデータを見ると、札幌では本当に昼夜の長さが同じになるのは、秋分の日の5日後くらいみたいですよ。

img_2742s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加