top  > スタッフブログ  > 設計のお仕事1

スタッフブログ

設計のお仕事1

設計の今西です。今回は私の仕事の中でもプランニングの仕事を少しお話します。

私は設計ですので、主に図面の作成の仕事をしています。図面の作成はCADを使いますので、PCの前にいることがほとんどです。間取りを考えるプランニングの作業だけは、いきなりPCではできません。手書きすることがほとんどです。

IMG_2599s

プランニングの作業はまず、建築予定地を見に行って敷地や周囲の様子なんかも見てきます。また、法的な条件を調べないと始まらないのです。

さて、実際のプランニングは大まかなレイアウトから始まることがほとんどですが、外観のイメージから考える場合があったり、間取りやアイディアが降臨!?してくることもたまーにあります。そして、うまくまとまらず行き詰まることもしばしば…A4の方眼紙がつぎつぎくしゃくしゃに丸めてゴミ箱にポイ!と、なるとドラマに出てくる売れない作家か?と自らツッコミしたり。

プランを考える作業は、リラックスしているときのほうがいろいろ出てくるもので、社内ではなかなかまとまらないことがよくあります。社内を散歩して気分転換したりすることもあります。(サボっているわけではありません。)

どんなことを考えてプランするか…は企業秘密というか、私個人の秘密の引き出し…なので、ここに書くことはできません。もちろん、お客様の希望する内容を基に、お客様の生活を想像しながらというところは、他の建築士の方と同じじゃないかなと思います。そして、棟晶には日射取得(冬でもできるだけお日様の光が入るようにすること。)や性能(暖かい家にする、暖房費ができるだけかからない家にする)ことに関するこだわりもあるので考ええることは盛りだくさんあります。

できるだけ希望はお聞きしたほうがイメージを具体的にできるので、ありがたいものです。時々、お客様から「いろいろわがまま言ってすみませんね」って言われることがあり、申し訳ない気持ちになります。夢はわがままじゃないですよ~!^^

出来上がったプランをはじめてお客様にプレゼンするときには気に入ってもらえるかな?とドキドキですが、私にとっては一番苦しくもあり、楽しいのがプランニングだと思っています。今週もこれから一軒考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加