top  > スタッフブログ  > 社内検査

スタッフブログ

社内検査

先日、お引渡し直前の現場の社内検査をしました。
弊社では、ほぼ工事が完了しましたら、お引渡し前に社員で傷や施工不良などのチェックを行なっております。この日は、現場管理2名、その他設計・営業・広報・私の6名で豊平区のリノベーション現場に向かい、2時間近く掛けて厳しい目でくまなくチェック!その現場(お客様)の担当だとか担当ではないとかは関係ありません。社長も含め、その日行ける社員は全員参加!です。特に担当者以外は、色々な部分が参考になったり勉強になったりもします。

私は、実はこの『社内検査』がとても好きです。
ご契約いただいてからお客様とのお打合せを繰り返し、お客様と一緒に悩み迷いながら考えたお家が完成し、養生も外され美装された状態になって見られるこの時、とてもワクワクします。頭の中で思い描いていたお家がそのまま形になっているのを見ると、何十棟やってきていても毎回感激してしまいます。

そして、お客様に万全の状態でお引渡しをするために、社員皆が心を込めて隅々まで確認をしている姿を見るのも、ひとりの担当者として(コーディネーターは1人なので、コーディネートが必要な全てのお客様を担当させていただいております)なんだかとても嬉しい気持ちにもなります。

11123

11125

私はかなり細かなところまで見つけてしまう方で「え!?よく見つけたね」と他社員からよく言われます。
社内検査の時に一番気が重いのは、その現場の現場管理担当者でしょう。その後お引渡しまでに、チェック箇所を全て補修したり手直ししたりしなければならないので、その箇所が少ないことを祈る気持ちだと思います。

これは、階段をチェックしている様子。先頭をきっていた私は、皆が階段で列になっている光景が面白くて、思わずパシャリ。クロスの糊の汚れなども拭きながら、こうして何人もの何重ものチェックが入っていくわけです。

11124

そして、チェック箇所には番号のついた付箋を貼ります。後で補修などの手配をするために、どんな不良があったかを図面に書き込む係はいつもだいたいこの人。設計の今西です。適確にわかりやすく内容を書き記します。

11122

社内検査の前後でお客様にも『お施主様検査』もしていただき、きれいにした状態で『お引渡し』という流れになります。
こちらのお家も、本日無事にお引渡しをさせていただきました。
お客様が生まれ変わったこのお家で、快適に暮らせますように!!

今回はブログのテーマ上、写真が社員の後頭部とか頭頂部ばかりとなってしまいました(笑)が、お引渡し前の現場の風景をご紹介させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加