top  > スタッフブログ  > マンション断熱リフォームの効果

スタッフブログ

マンション断熱リフォームの効果

1月も下旬になってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

先日、2泊3日のお時間をいただき、社員皆で東北に社内研修旅行に行ってまいりました。
本当は18日日曜日に出発し3泊4日の予定でしたが、誰の普段の行いが悪いのかはわかりませんが、新千歳空港は猛吹雪で飛行機が欠航。
どうやってもリカバリーできず、前日鎌倉出張から戻ってくるはずだったのに羽田に引き返した広報佐藤を秋田でひとりぼっちにさせ、我々は翌日に出発を延期しました。
秋田空港到着から、レンタカーのハイエースに10人乗りで1000㎞弱の旅。
1泊目は日本海を眺め、2泊目には太平洋を眺めるという、なんとも移動の多い旅でした。

訪問させていただきました先では、皆様に大変暖かく迎えていただきました。
色んな現場や完成物件を見せていただき、様々な取組み等ご説明もいただきまして、とても有意義な旅行となりました。
社員一同感謝しております。本当にありがとうございました。

話は変わりますが…私事ですが、昨年自分のマンションを弊社でリフォームしました。
内装や水廻り交換もですが、棟晶のリフォームですからもちろん断熱リフォームもしました。
外皮に接する壁にはウレタンを吹き、内窓には内窓用のサッシではなくYKKAPのプラマードⅢを使うという斬新な改修でした。
換気方法は、そのままの第3種換気(給気は自然換気、排気は機械による強制換気:湿度センサー付)で、暖房設備は100Vのエアコンを設置しました(玄関から奥の部屋は補助として既存のガスストーブを戻しました)。
それまでの賃貸マンションは、RC造4階建ての4階角部屋で、夏は暑く冬は寒い、快適には程遠い環境でした。
リフォームを終え10月末に引越しをしましたが、新しい我が家は冬を迎えてもとても暖かく、夜の数時間以外はエアコンは使わなくても平気です。
いつも夜帰宅し部屋に入るとほわ~んと暖かさを感じ、今年は比較的暖かい冬ではありますが18度を下回った温度計を見たことがありません。

そこで、社内研修旅行に出発する時と帰ってきた時の室温を測ってみました。
結果はこちら。

出発時 1月19日(月)AM7:40 22度
写真 1

帰宅時 1月21日(水)PM8:47 18度
写真 2

年末年始に旭川へ帰省した際も、4日間空けて帰ってきた時もやはり室温は18度でした。
外窓にも結露なく、とても快適に過ごしております。
電気代等のデータがある程度揃いましたら、またご紹介させていただこうと思いますが、冬になって断熱リフォームの効果を実感する日々です。
マンションリフォームをお考えの方は、内装や設備機器の交換だけではなく、是非『断熱』も検討してみて下さい。
もちろん弊社でもご相談にも応じますので、お気軽にお問合せ下さい。

こちらが施工事例の写真です

ttp://t-syou.com/jitsurei2/z.php

最後に…研修旅行の最終日の朝、ホテルから見た景色です。
来年もよい旅ができるよう、今年1年頑張ります(^.^)

写真 3

写真 4

関連:棟晶のリフォーム http://t-syou.jp/reform/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加