top  > スタッフブログ  > 無垢フローリング

スタッフブログ

無垢フローリング

先日の夕方、お客様のところへお邪魔した後直帰だった私は、中央区南9西17にある、ずっと気になっていた「SeeGeL」さんのショールームに立ち寄りました。
無垢フローリング製造・販売の専門メーカーです。
こだわりを感じるお洒落なショールームの作りに、入るなりわくわくしてしまいます。

051601

051604

ナラ、カバ、チーク、ウォールナットなど…、様々な床材が並んでいて、ショールームの床にも工夫して色々な床材が貼ってあります。
もちろんF☆☆☆☆、今回私が探していたマンション用の直貼り遮音フローリングにも対応(LL-45の性能)していて、3つの樹種が用意されています。
3つの樹種と言っても、ナラ材は節が残ったままのものと削ったもの、塗装色も幅広いものもあるので、かなりの種類があるように感じます。
無垢だけど120㎜の幅広なのも私好みで嬉しい!無垢部分が3㎜もあり、とてもしっかりしています。

お好きな木の種類を選び、好きな塗装色を選ぶと、その場で塗装してサンプルを作って下さいます。
塗装によって表情を変える木。不思議と何度見ても最初にピンときた色に目がいくもので、それこそが紛れもない自分のLikeなのでしょう。
私は節の残したナラ材に「ライトオーク」と「ダークオーク」というオリジナル色を塗布してもらいました。
なんて素敵なのでしょう!一目惚れしてしまいました。

051606

無垢材はお手入れが大変…と思い込んでいましたが、意外にそうでもないことにビックリ。
普段は普通に掃除機やモップでお掃除、年に1~2度専用のワックスを薄めて拭くだけだそうです。

051605

ただ、乾燥や湿気には敏感な木。湿度管理はとても大切になります。
アドバイザーさん曰く「私たち人間と同じです」と。
確かに、乾燥すれば人間のお肌もカサカサになるし喉も痛くなる。湿度が高くなれば不快になる。
人間が快適に過ごせる家は木材も快適ということなんですよね。
自分が快適と感じるよう気を使っていれば、敢えて無垢材のためだけに心配をすることはないわけですね。
又、無垢材について皆さんがもうひとつ気になる点は傷なのではないかと思いますが、木ですから当然傷はつきます。
ただ、これも「自然のものは傷がつくことが自然」であり、実際にショールームの床に貼ってあるフローリングにもたくさん傷はついていましたが、ごくごく自然なのです。
傷が馴染み、味にもなる。本物ってすごいです。

051602

ただ、シート貼りの一般のフロア材より当然高額になります。
シート貼りフロア材にはそれのよさがまたあります。
安価でお掃除性も高く、他の家具とも合わせやすい。
メーカーはそういった点も考えて色や柄を厳選して作っているんだろうなと、逆に今回とても感じました。
無垢フローリングに合う建具、家具、壁…と考えていくと、どんどん仕様が変わっていってしまうのも確かです。
お家づくりをする際、どこにトキメキを感じるか、どこにこだわりたいか。
土地の購入費用や工事費用だけではなく、お引越し費用や家具・家電の買い替え、色々な出費が重なるものです。
お家づくりをトータルで考え、もうちょっと頑張ってLikeを取り入れられるのか、残念だけど諦めるか。
いずれにしても、考え尽くした結果であれば、納得ができ後悔は残らないものだと信じています。

最近思うのですが、お家づくりにおいての後悔とは、考えなかったことに対してのものなのではないかと。
「なんでもっとちゃんと考えなかったんだろう…」というのが後悔。
考えて考えて考え尽くした結果であれば、「あれだけ考えたのだから、あれ以上考えたとしても出した結論は同じだっただろう」と思えるのではないでしょうか。
そう思えたら、「ここをこうすればよかった~」という後悔ってあまりないのではないかと思うのです。
私たちは皆さんがお家づくりを考えていく過程のお手伝いをさせていただけたらと思っておりますので、是非一緒に考え尽くしましょう。

それにしても「SeeGeL」さん…。どんな由来のお名前なんだろうと思っていましたが、書類を見てすぐに気づきました。
代表の方のお名前が「しげる」さん。多分、これが由来ではないかと勝手に納得しています。(違うかも知れませんが(^.^))

051603

  • このエントリーをはてなブックマークに追加