top  > 棟晶のこだわり  > 家にも燃費があります  > 棟晶の低燃費な家とは

棟晶の低燃費な家とは

北海道で低燃費で「快適な家」を建てています。私たちの考える快適とは、少しのエネルギーで夏は涼しく冬はあたたかいお財布にも地球にもやさしい家です。

「快適」「低燃費」を追求した、お財布にも地球にもやさしい家

家にも燃費があります
建てる前にぜひ知っていただきたいのが家にも燃費があるということ。これからの住宅は、建てる私たちも、住むお客様も、使うエネルギーに責任を持たなければなりません。
低燃費な家とは
棟晶が目指すのは、わずかなエネルギーで快適に暮らせる家づくり。設計段階でエネルギー使用量やおおよその光熱費をお伝えして、お客様にご納得いただいてから施工しています。
低燃費な家で暮らす
エネルギーを使うのを我慢する暮らしが低燃費な家で暮らすことではありません。冬は熱をとり入れ、夏は風が通るように、窓の位置まで設計されております。室内の空気はきれいで、外からのうるさい音も遮断される。低燃費な家は、快適な暮らしが実現します。

棟晶の低燃費な家とは

弊社には「数年前に新築を建てたが、住んでみたら寒いのでリフォームしたい」と言うご相談がよくきます。

断熱性にすぐれているので冬は暖かいですよねよ。なんて言われた事はありませんか?
どれくらい温かいのか・・・
本当に断熱性にすぐれているのか・・・
謎のまま新築を建ててしまっては、数年後にリフォームすることになりかねません。

棟晶の低燃費な家は、まず自然のエネルギーの力を活かして「エネルギー消費の少ない家」を設計し、不足する分を人工的な機械(エアコン等)で補います。
家の中で使う電気等のエネルギー(二次エネルギー)を節約するだけでなく、石炭や石油などの化石燃料や天然ガス・原子力燃料等(一次エネルギー)を節約し、それでいて快適に過ごせる家です。

住まいは「快適」であるべきです。
快適性は「具体的な数字」で知る事ができます。

弊社では、冬の日射しや、夏の風の通りなども計算して設計しております。
家を建てる前に、快適さの根拠、お見せします。

棟晶の低燃費な家

弊社では低燃費な住宅にするために、設計段階で高断熱高気密、日射取得・日射遮蔽、室内の風の流れ、暖房・給湯設備の選定、使うエネルギーの選別を計画します。

日本トップクラスの高断熱・高気密

日本トップクラスの高断熱・高気密
低燃費な家にするための最低条件は、高断熱高気密な家です。
住宅の断熱・気密性能は、どの断熱材をどれくらいの量を入れるか、窓は何をどこに何個使うか、どのように施工するか…等いろいろな要因が関係しておりますが、Q値とC値を見ると簡単にわかります。Q値は値が小さいほど暖房で温めた空気の熱や冷房で冷やした空気の熱を外に逃がさないということで、住宅の断熱性能が高いことを表します。C値は値が小さいほど住宅の隙間が少ないので隙間からの出入りが少なく、気密性の高い家ということになります。

日本トップクラスの高断熱・高気密

冬は熱を活かし、夏は熱を遮る

冬は熱を活かし、夏は熱を遮る
太陽のエネルギーは、太陽光発電システムを通して利用するよりも、窓から差し込む暖かい熱のエネルギーとして利用することを優先します。
冬は窓から熱エネルギーをとりいれて、夏は庇などで遮ります。
そうすることで冬は家の中を温め、夏は家の中が暑くなるのを避けることができます。敷地の方角や隣家との距離などで、建物と太陽の関係が異なってくるので事前に現地調査の上、シミュレーションで確認します。

室内の風の流れ

高断熱・高気密に加え、窓からの日射の侵入をきちんと遮断した上で、次に検討するのは室内の風の流れです。間取りや窓の位置を工夫することでエアコンに頼らず通風だけで過ごせる期間が長くなり、夏に窓を開けると室内にここちよい風が通りぬけていく快適な住まいが実現します。

室内の風の流れ室内の風の流れ

使うエネルギーの選別と暖房・給湯設備の選定

どのエネルギーを使って家を温めるか、お湯をわかすか等は光熱費に直接関係してきます。

使うエネルギーの選別と暖房・給湯設備の選定
躯体性能を上げても、使う設備機器の性能が悪くては元も子もありません。住まいに必要な設備機器はエアコンやペレットストーブなどの暖冷房設備、お湯をわかすための給湯設備、料理をするためのIHクッキングヒーターやガスコンロ、更に一種換気装置も加わり、高効率の設備機器を選ぶことは省エネ住宅の必須条件と考えております。省エネ性の高い設備機器を選ぶことは、エネルギーの無駄使いが減り、光熱費の削減にも繋がります。

これらの内容を駆使して設計してはじめて低燃費な住宅ができあがります。
弊社では設計段階でシミュレーションし、その結果を設計プランと共にお客様に提示しております。
どれくらいのエネルギーを使うか、どれくらいの光熱費がかかるかが、家を建てる前におわかりいただけます。

建もの燃費 計算結果

光熱シミュレーション結果

低燃費の家で暮らす