top  > 棟晶のこだわり  > 家にも燃費があります

棟晶の低燃費な家とは

北海道で低燃費で「快適な家」を建てています。私たちの考える快適とは、少しのエネルギーで夏は涼しく冬はあたたかいお財布にも地球にもやさしい家です。

「快適」「低燃費」を追求した、お財布にも地球にもやさしい家

家にも燃費があります
建てる前にぜひ知っていただきたいのが家にも燃費があるということ。これからの住宅は、建てる私たちも、住むお客様も、使うエネルギーに責任を持たなければなりません。
低燃費な家とは
棟晶が目指すのは、わずかなエネルギーで快適に暮らせる家づくり。設計段階でエネルギー使用量やおおよその光熱費をお伝えして、お客様にご納得いただいてから施工しています。
低燃費な家で暮らす
エネルギーを使うのを我慢する暮らしが低燃費な家で暮らすことではありません。冬は熱をとり入れ、夏は風が通るように、窓の位置まで設計されております。室内の空気はきれいで、外からのうるさい音も遮断される。低燃費な家は、快適な暮らしが実現します。

家にも燃費があります

低燃費な家は、家計簿もスリム

車に燃費があるように、家にも燃費があります。
車の場合、1リットルあたり何キロ走れるかで、低燃費な車かどうか買う前にわかります。
家の場合も、暮らしに必要なエネルギー量が分かれば、住んだ後、どんな生活になるか想像することが出来ます。

エネルギーをどれくらい使うのか?

家の燃費とは?
家の燃費とは、快適な暮らしに必要なエネルギーの量を言います。
快適な暮らしの条件は、快適な温度・新鮮な空気の供給・適度な気流・適度な明るさ・適度な遮音です。
私たちは、冷蔵庫に食料を保存したり、室内を温めたり、パソコンや携帯電話などを便利に使いながら生きています。
生活に必要なエネルギーは電気やガス・灯油などが中心で、その原材料になっているのが石炭・石油などの化石燃料や天然ガス・原子力の原料となるウラン等のエネルギー資源が大半です。
ご自分の暮らしに必要なエネルギー資源はどれくらいの量なのか、皆さんはご存知でしょうか?その量をみてみましょうというのが、家の燃費です。

高燃費住宅って?

新しい省エネ基準は一次エネルギーの節約

日本では住宅の省エネルギー基準が、平成25年10月に改正されました。
これからの新築住宅は、石炭や石油などの化石燃料や天然ガス・原子力燃料等(一次エネルギー)を節約することが住宅に求められます。

新しい省エネ基準は一次エネルギーの節約

住宅ローンと光熱費

住んだ後にかかるのは、住宅ローン以外に光熱費があります。
住宅ローンを払い終えても、ずっと支払わなければならないのが光熱費です。
住んでみないとどれくらい光熱費がかかるかまったくわからない!!なんて時代ではありません。
今はおおよそどれくらい光熱費がかかるのか、家を建てる前に知る事ができます。

住まい方でプラスにもマイナスにもなりますが、おおよその目安をチェックするのとしないのでは安心感がちがいますよね。

買う時に確認するポイント

車だけじゃなく家も燃費で選べる

これからは家も燃費で選べる時代です。
家の燃費は土地と設計プランがあれば、計算する事ができます。
ぜひ建てる前にチェックしましょう。

燃費のいい家、燃費の悪い家

低燃費の家とは?